友人の『中国遊園地大図鑑』第3弾南部編が発売されます

スポンサーリンク

愛知の珍スポ界ではヒーロー

私の友人関上武司氏は、名古屋の重鎮ライター大竹敏之氏が長年研究している昭和のコンクリート仏師浅野祥雲の作品修復プロジェクトなどで古くから活躍。また古くから珍スポット、前述した宗教公園五色園や桃太郎神社の浅野祥雲制作のコンクリート像修復活動など、自身のブログで紹介しているので、珍スポ好きなら1度は検索でヒットし見たことがあると思う。

http://blog.livedoor.jp/nantaireport/ 関上氏のブログ、『軟体レポート』

地元愛知県はもとより、東海エリア、はては全国各地に活動の範囲を広げたうえ、得意の中国の記事が多数掲載されているのでご覧になっていただきたいと思う。

そして中国へ

筆者が関上氏のブログを知ったのは、中国の面白い場所はどこかないかと探していた時だ。たまたま検索でヒットしたのが重慶の洋人街という変な遊園地の記事。すでに日本の珍スポ巡りとともに中国の珍スポ巡り記事があったのだ。記事の日付を見ると私が抗日ドラマを見はじめ慣れてきた頃なのでブログ活動は同じころ開始のようだ。

関上氏はもともと仕事で何年か中国に駐在、現地の事情に明るく中国語は得意なうえ、大のポンコツマニアなので取り上げるテーマとしては中国のパクリ遊園地はドハマりということであろう。

このころは関上氏のブログと中国バックパッカーの記事をむさぼり読んでいた。もちろん目的は貧乏旅行の準備のための情報収集だ。こうしてお互いを知らぬままそれぞれの道を進むこととなる。

名古屋の重鎮大竹氏の著作

中部編、北部編

以前に関上氏とのなれそめを書いたので、詳細はそちらをご参照していただくこととして、知り合ってからはお互い中国の情報交換をしている。

実は北部編では少しネタ提供したりしている。こちらの豪華ホテル『于无声所』という中国のスパイサスペンスドラマのロケ地となっているのだ。70年代潜水艦、空母の設計をする工場に潜入した外国スパイとの戦いを経て、退役しホテルの保安となった主人公が務める先が、超巨大なこのメルヘンチックお城ホテルなのだ。

『中国遊園地大図鑑北部編』より

詳しい内容はぜひお手にとってご覧ください

そして南部編

そして南部編がいよいよ7月初めより発売となる、パブリブ社のFAXDMを見る限り、今回もヘンな遊園地に期待できそうだ。

このなかでも筆者はウルトラマンがとても気になる。中国の現代ドラマを見ていると子供のおもちゃにウルトラマンがよく登場するからだ。ミッキーマウスと同様、中国では定番となったウルトラマン、どこまでデッサンが狂っているか見ものである。

ちなみに今回の表紙は緑色だ

お次は??

中部、北部、南部と続いてきたので次は東部かとおもいきや、中国東部は中部編に入っているので、予想するに青海省とか新疆のような西部ではないかと思う。

また、関上氏は昨年念願の中国全省制覇を成し遂げたので、書籍に載せきれなかったモノやオモテに出せないエピソードなんかもありそうだ。今度会ったときに尋問します。

新刊『中国遊園地大図鑑 南部編』7/9発売予定

というわけで、友達の書いた『中国遊園地大図鑑 南部編』、宜しくお願いします。なかなかないテーマなので、友達同士の会話のネタや、もし中国に行くならこういった珍スポ巡りのご参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。