銭雁秋監督、政府に怒られパワー低下!?国共内戦ドラマ『津門飛鷹』

スポンサーリンク

久々の燕双鷹シリーズ

拙著『中国抗日ドラマ読本』でも紹介した『孤島飛鷹』『大漠枪神』 の主人公燕双鷹が大活躍する最新作。

知らん間に放映されていたようで、 本年度始め どこか地方で放映のようだ、出遅れてしまった。 出遅れた理由としては youkuなどの動画サイトに アップされないという点と、 百度百科などの 俳優や監督の出演作品欄 に反映がされていなかったというのがある。かろうじて爱奇艺に全話あったのだが、公式配信ではなく、一般ユーザーがアップしたもののようだ。おかげで変な単位でぶつ切りになっており,見づらかった。

みんな大好き燕双鷹、観る前からすごく期待してしまう(笑)。

登場人物紹介

今回燕双鷹が活躍するのは 国共内戦初期の奉天から天津にかけてが舞台となる。ライバルとなるのは拙著『中国抗日ドラマ読本』で紹介した『大漠枪神』でルガー2丁拳銃の沈七七役だった淳于珊珊。動画の弾幕(ニコニコ動画みたいなコメント)には彼が登場すると「沈七七~」とユーザーの書き込みがよく流れたのだが、今回は云建明という国軍将校役だ。

燕双鹰 解放軍特殊部隊隊長

云建明 国民党軍少校,新六军特勤处特训科科长。

叶琳娜  国民党八十六将軍の娘,スタンフォード大卒

高进、解放軍副隊長

黄云龙、国民党軍天津偵察所長

梅雪琴  天津の劇場女主人。

大红、梅雪琴の付き人。

袁文才 、天津のヤクザ三合会親分

叶洪开、 八十六军军长。叶洪开の父

美琪、新聞記者、共産党員

叶母、叶洪开の母

冯文朗 天津战区副司令のボンボン

小马豪、三合会若頭

英口吉招、日本軍残党リーダー

何五姑 三合会、袁文才第5夫人

今回主役女優陣総入れ替え

今まで燕双鷹シリーズのヒロインといえば曲栅栅、 苑冉が レギュラー陣であったが、 今回女優陣は総入れ替えとなっている。

そういえばこのお二方、最近他の作品でもなかなかお見かけすることがなくなってしまった。 ちょっと残念です。苑冉は先日久々に『人间至味是清欢』の最後の方で確認。曲栅栅はトレンディドラマ『归去来』に出演したようだ。

新たに第1ヒロイン叶琳娜となったのは『向着炮火前进』(2012)などで有名な女優 陶慧娜。第2ヒロイン美琪役に王文娜 、第3ヒロイン梅雪琴は梁缘となる。

もちろんスーパーヒーロー燕双鷹はこの3人から求愛されてしまう。いつものパターンだがもう許した(笑)。

左、美琪。右、叶琳娜

梅雪琴

歴史を重視(笑)するあまりパワー低下

抗日期もそうであるが、国共内戦も中国の建国神話に大きく影響する、従って歴史を軽視するようなトンデモ はやはり ご法度である。抗日ドラマに関しては大きな影響を受け製作本数が減ってしまったが、国共内戦ものはどうだろうか?動画サイトの本数などをみていると、もともと抗日ものより制作数が少ないとはいえ、やはり減少気味傾向にはあるようだ。

同じく燕双鷹シリーズの 国共内戦ドラマ『飛虎神鷹』などは かなりのトンデモで 面白かった。 今回の作品は自粛なのか怒られたのか分からないが、銭監督ならではのアクションシーン連続よりは、人物のバストアップでのカメラ目線しゃべりのシーンばかりとなり、正直拍子抜けしてしまった。

単独だとこれぐらいの引きで延々としゃべらせる

複数になってもこの引きで延々としゃべらせる

銭監督らしいカット割りだが、これも従来の作品以上に尺が長い

ようやく後半で銭監督らしさが

日本軍の残党に船をハイジャックされ 天津にたどり着けないのではないかという危機に陥ったのだが、 日本入港直前に船を奪還、 無事天津にたどり着き天津の防衛線図を盗み出すのが任務だ。と、 ここまでは前半。船の上や国民党軍事務所のシーンなどスタジオ丸出しで予算が少なかったのかな。

後半からは天津の大物ヤクザが絡みだし、 ようやく 燕双鷹シリーズらしさが出てきた。 ヤクザの大物 袁文才は 出たがり監督銭監督が自ら出演している。 しかも今回 劇場の 子供役に自分の子供を 出演させ、 作品の私物化も順調のようだ。

前半は日本軍残党の忍者兵士ぐらいしか見どころがない

後半、三合会が出てきたあたりでポンコツ表現が復活

従来作品のようなアクションシーンも

初めて見た、6輪車セダン。2トントラック改造かな?

監督の子、钱冠荣クン。けっこう美味しい役を貰っている

出落ちキャラ 何五姑

敵の女幹部は大抵の場合、冷徹美女と決まっているのだが、 この作品においては完全な出落ちキャラ 何五姑と言う 女ヤクザ が登場する、しかも銭監督演じるヤクザ 袁文才の第五夫人だ。 この手のキャラは 筆者は今まで見たことがない、ギャグ担当のデブキャラとかよくあるのだが、女の出オチキャラ。 とにかく、 実物を見ていただきたいと思う、ズッコケるから(笑)

ベースはそこそこ美形女優

徐悦という女優らしい

マンガのヤクザみたいにキズだらけの顔

しかも歯抜けメイク

銭監督作品はみんな演技が大げさだが、さらに50%マシな大げさ演技

女優魂を感じてしまう(笑)

天津名物です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。