手抜きと散々コキ下した抗日アニメ、パワーアップして2018版『小兵楊来西』全26話x2部で登場

スポンサーリンク

コピペ、カクカクフレームレートと手抜き間満載の前作

拙著『中国抗日ドラマ読本』にて番外編として扱った子供向け抗日アニメ『抗日小英雄楊来西』。浙江省寧波のローカルアニメ会社が制作した作品だ。

この『抗日小英雄楊来西』は麦圈と可可という中学生が科学や歴史などをいろいろガイドするという教材アニメのシリーズの一つである。抗日記念館を訪れた二人がタイムスリップし、楊来西の軌跡を追うという話だ。

話としては抗日ものとしてありがちなのだが、少し古い作品(2011)、そして地方の会社制作ということでかなりの手抜きが見られツッコミどころ満載であった。筆者の知人の指摘によれば、このころはまだマクロメディアのFLASHが現役だったので、どうも動きがFLASHっぽいということであった。

つい最近も百度のコラムで国産アニメ最低ランクと揶揄されたばかりだ。弾幕のコメントがヒドい(笑)。

B站评分最低的国漫?网友:不就是幻灯片嘛我也会做!

《抗日英雄杨来西》:一部打着正能量旗号的“史诗级”国产动画,全片不管是画面、配音还是动作都透露出一股“粗制滥造”的感觉。特别是在画面这一方面,人物动作僵硬,表情单一,“廉价感”十足,以至于被观众吐槽为“幻灯片”动画,有网友评论道:不就是幻灯片嘛,我也会做!这制作水平,制作经费怕不是5毛钱一集吧?

その手抜きアニメが2018年キャラデザイン、タイトルも『小兵楊来西』として新たに復活。早速鑑賞してみた。もちろんツッコミどころをw探すためだ。

登場人物紹介

前半は前作と同様なので上海浦东出身の抗日英雄朱人侠や姜文光が登場するが、後半に登場するのはちびっこ遊撃隊の面々(笑)。ここはもちろんフィクションであるが、愛国教育の一環、子供たちが大活躍!

楊来西、抗日少年

阿福、村の番長

疙瘩、ヒョロガリ、それにしてもヒドい名前

朱人侠、実在の抗日英雄

姜隊長

阿花のおじいさん

阿花、がけ落ちした楊来西を助ける

小苗、秀才キャラ

墩子、包晴天のようになぜか黒い

キャラ増強

12話以降の40話を引っ張るため、多数のキャラとエピソードを投入。正直途中で飽き、観るのがつらくなる。そもそもエピソードが似たような話ばかりなので脚本に無理があるのを強引に52話埋めたような手抜きが垣間見える。

キャラを増やしてなんとかなっているようなものだが、前作の酷評を気にして長編にしたのだろうか、気になるところだ。

ネット公開のアニメ作品を調べていて気付いたのだが、近年は26話単位のものが多いようだ。

タイトルのシルエットにあるように子供たちが主役

遊撃小隊(笑)のメンバー

このキャラが謎、なぜ黒人なのか

特攻AチームのミスターTみたいだ

漢奸も何人か登場するが、長髪に甲高い声とワンパターン

太君キャラのコピペは改善傾向

子供向け作品とは思えないほど女性キャラは巨乳を強調

どうしても気になってしまう

話も盛り26話x2部作だ

前作では12話で完結であったが、今回は倍増どころではない52話とかなりの話数となる。また1話あたりの時間は前作と同じ10分。

12話辺りまでは楊来西が新四軍に拾われ、最後は日本軍将校を道連れに崖から飛び込むという前作と同じ内容であるが、ここから先が長い(笑)。武侠ドラマよろしく崖落ちのあとは親切な村人に助けられるというご都合主義のうえ、村の子供を集めて遊撃小隊をつくり、大人の遊撃隊と一緒に日本軍と戦うという、抗日ドラマや映画でもある話となる。

がけ落ち、記憶喪失にはならなかった

走り方は相変わらずカクカクだ

手抜きのコピペは改善傾向にあるが

人数が増えるとやはりコピペだ

実在の抗日英雄朱人侠について

浦东新区新四军历史研究会の記事に朱人侠の晩年のことが書いてあった。

忆爸爸朱人侠—朱亚平

爸爸的坚强勇敢,还体现在他对疾病的态度。文化大革命开始不久,那时他刚患上三叉神经痛的疾病,发作起来疼痛难忍。他被作为汉奸、特务、走资派拉出来批斗,有时批斗到半途中病情发作,造反派才不会因此停止批斗呢,爸爸在那样的精神和肉体的双重痛苦中,依然顽强地坚持着。到了晚年,他患上了高血压,刚确诊时,他貌似痛苦地对我说,高血压不能吃肉还活着干啥。其实,这正是他无畏的精神体现,直到去世,他多次罹患重病,都是以乐观的态度来面对。这给我深刻的影响,使我在面对各种重疾时,也能乐观积极地应对。

爸爸性格温和,待人和蔼,所以,他的同事们与他都有着融洽的关系。最让我感动的,在文化大革命时,哥哥串联去了,爸爸妈妈分别被隔离审查,读小学的我一个人看家,会有造反派悄悄告诉我,“明天要抄你们家,早点做好准备。”隔离审查结束后,爸爸被派到标准件二厂翻砂车间改造,会有工人悄悄地帮他完成他力所不能及的繁重的体力活。对这一切,爸爸始终带着一颗感恩的心。

我曾经对爸爸的境遇耿耿于怀,可是爸爸却豁达地宽容了这一切。在他担任领导的部门里,有一个女职员,曾经是那样追求我爸爸,甚至导致了爸爸妈妈之间的误会。文化大革命中,却是她对爸爸最严厉。爸爸平反后,她又对爸爸千般万般的好话连篇。我非常憎恨这个女人,可是爸爸对我说,文化大革命中她的所作所为,也是上当受骗,不要再去计较了。

文化大革命中は抗日英雄にもかかわらず、つるし上げになったうえ下放され、下放先ではさらに苦労したようである。

この前段にも、朝鮮戦争のころ尋問を受け、ひどい目に遭ったということが書かれているので全く中国という国は体制側にいても気の抜けない社会だ。あとから英雄と再評価されても失った時間は戻らない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。